--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/02/24(土)
『ランチョンマット&コースター〝C〟』
今度は『』をテーマに作ってみました♪

この間〝f-style エフスタイル〟さんで山積みの宝の山の中から買った
とても個性的な柄の切れ端を使うのが一番の目的。

今までパッチワークのように、いろんな布を組合わせて
一枚のものにするをやってみたかったので挑戦です!!!

ストライプの色違い、線の太さも違う、和を思わせる
切れ端を組合わせることで、面白みがでました。

いろんな布の中から、これはどうかな? こっちは?と
合わせてる時は、絵を描いてる気持ちに似ています。
一つの布の持分の微妙な割合が、全体のイメージをどんどん変えていきます。

20070224020913.jpg

最終的にこんな感じに仕上がりました☆

20070224020924.jpg

コースターは、厚手の綿生地を地にして、ストライプ布を
色違いで真ん中に配置したら、しっくりいきました。

20070224020933.jpg

お茶碗やお椀がこじんまりと並べられて
ほうれん草のおひたしや、煮魚がのったお皿がとても似合い気がしませんか?







↑こちらをご覧になって楽しかったぁ♪と思ってくださった方は
ど~ぞ宜しくお願いします。ランキングに参加中です!!!

スポンサーサイト
2007/02/19(月)
『こじんまりなテーブルマット』
我が家では、ミシンをダダダっっと走らせる日々が続いています♪
この手作りモードは、今までにない勢いを感じていますっ...なぜ?(笑)

ちなみに↓は、一度ベットに入ったのに気になって
ほぼ夜中にゴソゴソと起き出して始めました(笑)

さて、この間の〝ランチョンマット&コースター A・B〟と
お揃いのテーブルマットを作りました。

大きさは、鍋敷きや、小さな花瓶などがちょこんとのるサイズ。

テーブルの端の方に、何かを置く時にいつも不便を感じていましたが
これですっきり解決!!! しかもかなりラブリーなアイテムです。

ランチョンマット&コースター A〟黒色のギンガムチェック柄
にお揃いのテーブルマット↓

20070212071813.jpg

真ん中の茶色のウールがアクセントに☆

ランチョンマット&コースター B〟ベージュのストライプ柄
にお揃いのテーブルマット↓

20070212071821.jpg

お揃いのレースをアクセントにして☆

こんな風に使います♪

20070212071828.jpg

ル・クレーゼの鍋が指定席の鍋敷きで活躍する時などなど

20070212071836.jpg

花瓶やキャンドルなどを飾っておく時などなど

小さいけど、出番は多そうです!!!







↑こちらをご覧になって楽しかったぁ♪と思ってくださった方は
ど~ぞ宜しくお願いします。ランキングに参加中です!!!

2007/02/18(日)
『十日町雪祭り』
先週末に仕事で十日町方面に同行しました♪

またまた私は訪れた事のない地なので、
仕事なのにココロはうきうきの浮かれ気分(笑)

晴れの新潟市内を後にして、1時間半弱で現地に着きました。

風景はすっかり雪景色☆ 
私にとっては十分な銀世界でしたが、
地元の方曰く、豪雪地帯のこの土地では
3~5メートルの雪の壁がないのは変な感じとのこと。

雪の壁?! 雪国ならではの言葉。
寒いでしょうけど、ちょっと?かなり!見てみたいです。
たぶん、今年は暖冬だから、もう無理でしょうけど...残念。

さて、偶然にも金曜日から3日間にわたり
十日町雪祭り〟が開催されるとのこと。なんでも「雪まつり」の発祥の地☆
詳しいことはこちらで→

町の各地に雪像が建てられていました。
雪が少ないせいか、初日を迎えるにあたって、まだ未完成な雪像もちらほら。

お昼時間に、どうせならと!
メイン会場に少しだけお邪魔してみました☆

20070218095942.jpg

すると正面にバーンと大きな雪像が♪ 
これは姉妹都市イタリア・コモ市のシンボルの大聖堂を模したもの。
雪上のカーニバルではゲストがここで華やかなショーを行うんですって!

20070218095952.jpg

すぐ下にある小学校のグランドには
不揃いな雪だるまが並んでいて、可愛らしかったです♪
(小さいけど見えますか???)

花火も上がるらしく、結構な盛り上がりなんでしょうね☆
機会があったら、ゆっくりと見にきたいです!

そして、十日町と言えば、もう一つ来たいイベントが♪
3年に一度、里山を舞台に現代アートのおまつりがあるんです。

大地の芸術祭〟と言って
世界のトップアーティスト達の作品が車で移動するくらいの距離に
ちらばっていて、夏の気持ちいい空気の中、ドライブがてらの鑑賞タイムらしいです。
詳しいことはこちらで→

私が以前に訪れた〝直島〟と似ているコンセプトなので
一度は訪れたいなぁ☆って思ってます。

新潟もまだまだ行かなきゃ!!!いけない場所はたくさんありそうです!!!
時間が足りな~い(笑)







↑こちらをご覧になって楽しかったぁ♪と思ってくださった方は
ど~ぞ宜しくお願いします。ランキングに参加中です!!!

2007/02/14(水)
『みんなでお揃いコースター』
いつもお世話になっている会社の女性の方に、
お揃いで何か作りたいなぁ~と思っていました。

Wガーゼのお花や、水玉、チャック柄が可愛いプリントの生地を使って!

柄の生地は、ある程度、寸法をはかったら、柄の線にそって
裁ったり、ミシンがかけられるので楽ちん♪なんです。

コースター作りは、だいぶ要領もつかんできたので
わりとすいすいと仕上げる事ができました☆

白色のリネンの端切れを、小さな□にカットして
6人分の、6種類の絵ハンコを生地の茶色に合わせて
茶色インクで押してみました。

はい出来上がり☆

20070212071748.jpg

並べると↓ じゃ~ん!!!

20070212071756.jpg

お弁当の時間に、プレゼントしたら
とても喜んでくれて、作って良かったなぁ~って思いました☆
今では、皆の机のコップの下が指定席になりました!!!

その中の一人の方が、
この間私の作ったランチョンマットを見て、

「お食事の時にそうやってセッティングしてみたくなったぁ~
 お願いしたら作ってくれる?」と。

凄く嬉しかったです♪

私が作ったもので、
誰かが幸せな時間を過ごしてくれるなんてこれ以上の嬉しさはありません!!!
だから手作りはやめられませんね♪


20070212071804.jpg








↑こちらをご覧になって楽しかったぁ♪と思ってくださった方は
ど~ぞ宜しくお願いします。ランキングに参加中です!!!

2007/02/12(月)
『北方文化博物館 新潟分館』
新潟には、昔からの〝豪農のお屋敷〟が多く残っています。
巨万の富を築いた一族が住んでいたお屋敷なんです。

そんな中の一つ。
阿賀野川河畔の小さな集落にある〝北方文化博物館
その分館〝北方文化博物館 新潟分館〟が、
新潟市内の繁華街から少し行った所にあるんです。

近くなので、いつでも行ける!って思っていたのですが意外と機会がなく、
この間の土曜日〝f-style〟さんの次にやっと訪れる事が出来ました。

20070204021536.jpg

明治に建築された、この建物は、古き良き日本の文化と
西洋がちょっぴり入った和洋折衷な雰囲気が素敵です♪

20070204021544.jpg


20070204021551.jpg

そして、ここは新潟が生んだ文学者の〝會津八一〟の終焉の地です。
歌人・書家・美術史家と多才な彼の作品が、いくつも展示されています。

落ち着いた家屋に掛けられた掛け軸の彼の書体。
とても面白いなぁ☆と私は感じました。

20070204021602.jpg

一つ一つの文字は、決して達筆といえるものではないんです。
でも、いくつかの文字がまとまって並ぶと、とてもいい!!!

ほっこりとした、優しい書体で、何か語り掛けてくるような
そんな感じがしました。

20070204021610.jpg

その時、私しかいない博物館では(はいっ。一人貸切状態でした。(笑))
係りの方が、親切にいろいろとお話をしてくれて、豆知識までたっぷり♪

小さな回遊庭園も雪景色になったら、
風情があっていいんだろうなぁ~って思わせるものでした。

もっと季節のいい時に、縁側でお抹茶でも頂きたいなぁ♪
それは次のお楽しみにとっておきます。

実は会社帰りにも行かれるそんな距離にあるのに
そこだけ時間が止まったように感じてしまうのは私だけかしら?








↑こちらをご覧になって楽しかったぁ♪と思ってくださった方は
ど~ぞ宜しくお願いします。ランキングに参加中です!!!

2007/02/11(日)
『ランチョンマット&コースター〝B〟』
またまた調子にのって、
デザイン違いのランチョンマット&コースターを作ってみました♪

組み合わせは、白地にベージュのストライプ柄のリネンと
レース柄で上品な雰囲気の白色の綿布地。

イメージとして、お上品な(笑)雰囲気で優しい色使いにしたくて!

タグは太目のレースをあしらって。

今回、一番どうしようかなぁ?ってなかなかデザインが決まらなかったのが
右下のポイントになるところ。 

ハンコの可愛いロゴを使いたいのだけど、リネンを貼る感じだと、
なんか存在感がありすぎて...んっ...と材料入れをがさがさと見てて
調度いいのを見つけましたよ♪

20070211015535.jpg

麻混のストライプのテープ☆
これに、2種類ロゴを押して!!!
「COFFEE BREAK」と「TEA BREAK」と。右詰に寄せてみました。

はい!出来上がり!

20070211015526.jpg

もちろん、お揃いでコースターも。

こちらも同じ組み合わせで、
白色の綿布地がポイントになるような位置にもってきました。
タグはあえてなしで。

テープに
「COFFEE」と「TEA」のロゴを入れて、
横にちょこっとカップなどの絵ハンコを押してあげて出来上がり☆

20070211015519.jpg


ランチョンマット&コースターを並べると↓

20070211015544.jpg


これで我が家の食卓には
2種類2セットのランチョンマット&コースターが揃いました♪

お洗濯の事を考えるともう1セットくらいあると便利かなぁ?

だんな様に
「またランチョンマット作ってるの?!」って怒られそうだけど(笑)
何でも、だんな様には、どれも同じように見えるらしいです。
えっ?!うそでしょ?って感じですけど(笑)






↑こちらをご覧になって楽しかったぁ♪と思ってくださった方は
ど~ぞ宜しくお願いします。ランキングに参加中です!!!

2007/02/08(木)
『ランチョンマット&コースター〝A〟』
昼下がりのランチの時にでも使いたくなってくるような
ランチョンマットとコースターが出来上がりました♪

ギンガムチェックには目がない私!!!(笑)
今回は黒色をセレクト。

表は白色の無地のリネンとの組み合わせ。
裏はギンガムチェック一面です。

ポイントは、表に、フリーでミシンでダダっとステッチ風に♪
2つとも少し、ステッチを変えてみました。

20070207151227.jpg

それと、脇にシンプルだけどお茶目なみつばちのタグ付。

お揃いでコースターも作ってみました。

思いつきで、両布の端の糸をわざと使って、
ふさふさ?を真ん中でポイントになるようにしたのが良かったみたい!

20070207151207.jpg

後は、タグを取り付ける時に、わざとミシンの上糸は白で
下糸は黒にしたら、これまたステッチみたいにポイントになって☆

またまた偶然のひらめきで作ったら、意外な出来上がりで
かなり気に入ってますぅ♪

20070207151218.jpg

早く、お客様でもご招待して、カフェ気分でランチでもしたいなぁ~

あっ、もちろん、だんな様とディナーでもいいんですけどね(笑)
なんか昼間に似合うそんな雰囲気の子達なので!







↑こちらをご覧になって楽しかったぁ♪と思ってくださった方は
ど~ぞ宜しくお願いします。ランキングに参加中です!!!

2007/02/06(火)
『f-style エフスタイル』
この間の土曜日に
f-style エフスタイル〟さんの気ままな一日だけのがらくた市に出掛けてきました。

shop05.jpg

偶然、その日に開催される事を知り、どんなお店なのかなぁ~?と
事前に下調べは念入りに!とHPをよ~く読んでるうちに、
これは雪が降っても行くぞぉ!と思えてくるお店でした。

新潟生まれの20代の女性2人だけによるデザイン事務所。
地場産業を中心としていて、伝統を次の世代にも繋いでいくデザインと
品質の高い生活雑貨が作られているんです。

知らなかったら、見過ごしてしまいそうな、学校通りに面したお店。
ガラス張りのドアを開けると、ワンフロアーだけの小さな空間に、それらが並んでいました。

もちろん、この日は特別な日なので、私には宝の山♪のように見える
布端が真ん中の床に、た~くさん!
輪ゴムの色で分けられた○十円単位の小さな布がざっくざっく! 

ひたすら探し続ける私の他にも、ちょこちょこと次から次へと、
お客さんというより、お友達みたいな子達がお店にお邪魔しま~す♪と
いった雰囲気でのお出ましです。

とっても個性的な子ばかりで、私には眩しい(笑)
いつも、ついつい、そんな風に思ってしまいます。
そういう子達って、自分っていうのをしっかりと持っている目をしてるように見えます。

ぺらぺらの切れ端布はいくらですか?と聞くと
「いい値でいいですよ」となんとも気さくな感じのお店の方。

結局、こちょこちょとたくさん買い込み、それでも全部で630円也(こまかい?笑)
私はこういうお買い物の仕方が大好きです☆ 

凄く掘り出しモノを手に入れた気分になるし、
それをどうやって変身させたり、生活の一部に溶け込ませるかを
イメージするだけでわくわくしちゃいます♪

全国にも展開している山形・月山緞通(がっさんだんつう)の確かな織の技術を
持ったマットは、天然素材の麻やウールを使い、
1つ1つハンドフックによる職人さんの手作業によって作られているとの事。
ご興味のある方はこちらをど~ぞ → 

人とのつながりが作品に現れている、こんな生活雑貨を使っていたら
なんだか生活が豊かになりそうな気分ですよね~♪







↑こちらをご覧になって楽しかったぁ♪と思ってくださった方は
ど~ぞ宜しくお願いします。ランキングに参加中です!!!

2007/02/05(月)
『Aladdin Blue Flame Heater』
先週の金曜日に、この新潟市でようやく冬らしい一日を迎えました。

そう、朝起きると雪景色が広がっていました♪

20070204021527.jpg

うっすらと積もった、ベランダからの様子をパチっと一枚。

暖冬の為、このままあまり降らずに2月も過ぎていくのかなぁ?と
新潟に来て初めての冬を迎える我が家では、なんだか良かったのかな?
地球全体の事を考えると、そんなに喜んでもいられないし...と
複雑な気分でした。

でも、この週末も、晴れ間の中、雪がぱらつくなど、
変な陽気ですが寒さはさすが一流です(笑)

そういった意味では、早くから準備万端にと購入した
念願の〝Aladdin Blue Flame Heater〟が大活躍中です☆

20070204021516.jpg

※やっぱり人気で、アイボリーはもう売り切れ...
 でも他の色なら、気になる方はこちらを覗いてみてくださいね~ →

(以前にもこちらでご紹介しました→)

思っていた通りに、青い灯りが、お部屋をふんわりと
暖かくしてくれるんです。

帰ってくると、ひんやりと冷たい部屋を徐々に
このストーブが暖めてくれる時間が好きです。暫し本当に寒いですけど(笑)

ちょっとした使い方のコツやら、中の芯を取り替えてあげなきゃ
いけなかったりと、少しばかり手がかかるからこそ、愛着も沸いてきます。

お料理の時、お鍋担当として手助けしてくれるのも頼もしい!!!
意外と簡単に持ち運びが出来て、それも便利です。

まだまだ続く冬。
でも、ストーブとの楽しみもまだまだ続くと思うとそれはそれでいいかなぁ♪






↑こちらをご覧になって楽しかったぁ♪と思ってくださった方は
ど~ぞ宜しくお願いします。ランキングに参加中です!!!


←記事の中のこの色の文字画像からショッピング出来るようになっています。
気になるものがあったらポチッとクリック
してみてくださいね☆

Recent Comments

My Favorite Goods

20060808115414.jpg

woodnotes.jpg

20060628024751.jpg

BOX6.jpg

20060208234633.jpg

frosh5.jpg

20060113001803.jpg

20051227232327.jpg

stamp.jpg

20051219234712.jpg

20051215223902.jpg

bookmark_swimmer.jpg

20051102024630.jpg

20051101012809.jpg

potspans.jpg

20051021151330.jpg

COUCKE22.jpg

kneipp.jpg

20051015010148.jpg

20051010230802.jpg


20051005024436.jpg

20051002020812.jpg

stamps5.jpg

20050927231749.jpg

20050927231759.jpg

20050927001108.jpg

20050924025210.jpg

20050917034325.jpg

20050916032539.jpg

20050913064047.jpg

20050912053556.jpg

weck.jpg

fido.jpg

20050907015143.jpg

20050906065652.jpg


20050829024418.jpg



20050823122932.jpg











BOOK

ありがとうのカタチ―Thank you card 170 文房具で包む ふだん着のコサージュ―リネンのばらから松ぼっくりまで ひと月9000円の快適食生活 リネンで雑貨―手づくりの愉しみ しましまの愛 いんげん豆がおしえてくれたこと 20051004001302.jpg
20050929000628.gif
ハンドメイドスタイル―ナチュラルに暮らそ! 「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理 「ル・クルーゼ」で、おいしい和食―お鍋で毎日のごはんをつくろう 20050920152121.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。